海外競馬ニュース

News

仏オークス2着馬シスターチャーリー、ジェニーワイリーSでG1初制覇

2018年04月16日 10:45

  • 友だち追加数

 現地14日、米キーンランド競馬場にてG1ジェニーワイリーステークス(牝馬限定、芝8.5ハロン)が行われ、J.ヴェラスケス騎乗のシスターチャーリーが勝利した。2着は2馬身1/4差でフォースタークルックだった。

 C.ブラウン厩舎の4歳馬シスターチャーリーは3歳半ばまで欧州を主戦場とし、仏G3ペネロープ賞1着、G1仏オークスで2着と活躍。7月には米G1ベルモントオークスでも2着と好走した。今回はそれ以来となるレースだったが、待望のG1初制覇を果たした。

ページトップへ