海外競馬ニュース

News

ロアリングライオン、マイル路線卒業で仏ダービーに目標変更

2018年04月24日 11:45

  • 友だち追加数

 現地23日、J.ゴスデン調教師が有力3歳馬ロアリングライオンをG1英2000ギニーには参戦させない意向を固めたことが分かった。

 キトゥンズジョイ産駒のロアリングライオンはここまでの5走全てがマイル戦。2歳時にデビュー3連勝でG2ロイヤルロッジステークスを制し、G1レーシングポストトロフィーで2着と善戦したが、今年初戦だった18日のG3クレイヴンステークスでは勝ち馬から9馬身以上も離された3着に終わった。

 この結果を踏まえ、ゴスデン師はロアリングライオンはもっと距離の長いレースに出すべきだと結論。英2000ギニーを回避して5月17日の英G2ダンテステークス(10.5ハロン)に向かい、その後は6月3日のG1仏ダービー(2100m)を目指すプランを口にした。

ページトップへ