海外競馬ニュース

News

ブレイブスマッシュら預かる豪名門厩舎に強制捜査

2019年01月31日 12:46

  • 友だち追加数

 現地30日、オーストラリア屈指の名調教師として知られるD.ウィアー調教師の厩舎が警察の強制捜査を受けた。

 ウィアー調教師は2015年にプリンスオブペンザンスでG1メルボルンカップを勝ったほか、トーセンスターダムやブレイブスマッシュら日本からの移籍馬をG1勝利へ導いたことでも知られる。

 警察発表によると、3人が逮捕されたのちに起訴されることなく同日のうちに釈放。また未登録の銃やコカインと思われるものなどが発見されたという。

 レーシングヴィクトリアによると、今回の強制捜査は自分たちの調査に関連したものとのこと。今後も警察と連携していくなどとする声明を発表している。

ページトップへ