海外競馬ニュース

News

​ブレイブスマッシュら有力馬、強制捜査のウィアー厩舎から転厩へ

2019年02月02日 11:30

  • 友だち追加数

 警察の強制捜査で未登録の銃やコカインが厩舎から発見、逮捕されたオーストラリアのD.ウィアー調教師が管理していた有力馬たちが、相次いで転厩する事態となっている。

 日本から移籍後にマニカトステークスなど豪G1を2勝しているブレイブスマッシュはK.リース厩舎に転厩。G1ライトニングステークスへのたたき台として現地2日に出走予定だったレースの直前回避を余儀なくされた実力馬ネイチャーストリップはC.ウォーラー厩舎へと移る。

 そのほか、G1ビクトリアダービー馬エクストラブリュ、3月のジ・オールスターマイルを目指しているランドオブプレンティらはC.マー&D.ユースタス厩舎へ、G1ゴールデンスリッパーを目標としている有力2歳馬イエスイエスイエスはネイチャーストリップと同じウォーラー厩舎へと転厩する。

ページトップへ