海外競馬ニュース

News

ウィンクスが世界記録のG1レース23勝目! 豪チッピングノートンS4連覇で31連勝

2019年03月03日 11:10

  • 友だち追加数

 豪州の女傑ウィンクスが現地2日にランドウィック競馬場で行われたG1チッピングノートンステークス(3歳以上、芝1600m)に出走。弛みないペースで逃げた2番人気ハッピークラッパーを中団追走からゴール前で捕らえ、1.8馬身差をつけて完勝した。

 さらに3.8馬身差の3着にアンフォーゴトゥン、2.8馬身差で4着にはエッグタルトが入線。5着以下は単勝101倍で並んだ3頭が続き、7頭立ての一戦は上位から人気通りの決着となった。

 ウィンクスはG1コックスプレートに続き、チッピングノートンSでも4連覇を達成。連勝記録を「31」へと伸ばすと同時に、名障害馬ハリケーンフライを抜いてG1レース23勝の世界記録を樹立した。

 レースはハッピークラッパーが離して逃げる形になり、道中でウィンクスとの差は7馬身ほど。直線入口の400m地点でも4馬身あったが、ウィンクスはジリジリと差を詰めて残り100mで逆転した。主戦のH.ボウマン騎手は「ハッピークラッパーがあのスピードを保てる訳はなかったし、彼女がいつ彼を引き寄せてゴールするか分かっていたからね。仕掛けてはいたけど、彼女は割と楽に走っていたよ」と、見た目以上に余裕があったことを明かしている。

ページトップへ