海外競馬ニュース

News

豪G2チャレンジS、8歳馬ボールオブマッスルがレッドゼル封じる金星

2019年03月13日 13:46

  • 友だち追加数

 現地9日、豪ランドウィック競馬場でG2チャレンジステークス(3歳以上、芝1000m)が6頭によって争われ、3番人気のボールオブマッスルが好スタートから先行争いを制すと、直線入口でリードを奪い一杯に逃げ切った。

 ジ・エベレスト連覇のレッドゼルは単勝1.60倍の圧倒的人気を集めるも、4番手追走から最終コーナーで大きく外を回らされるロスもあり、追い上げ及ばず0.1馬身差で惜敗。さらに0.2馬身差の3着にヴィリディーンが入線し、2番人気のエスティジャーブは3番手から伸び切れず5着に終わった。

 ドバウィ産駒の8歳セン馬ボールオブマッスルは昨年10月のG2スキラッチステークスから5か月の休養を挟んで連勝。通算5度目の重賞制覇となった。

ページトップへ