海外競馬ニュース

News

BC好走のサムライクイットホットブラウン、米G3ジェフルビーSで重賞初制覇

2019年03月13日 13:49

  • 友だち追加数

 現地9日、米ターフウェイパーク競馬場でG3ジェフルビーステークス(3歳、オールウェザー9ハロン)が行われ、単勝1.60倍の圧倒的人気を集めたサムライクイットホットブラウンが、後続を3馬身1/4差と寄せつけず逃げ切った。

 2着に好位追走の8番人気ダイナミックレーサーが粘り込み、さらに1馬身1/4差の3着には後方から10番人気ムーンスターが追い込んだ。

 ビッグブラウン産駒のサムライクイットホットブラウンはデビュー7戦目での重賞初制覇だが、2走前にはG1ブリーダーズカップジュベナイルターフで3着に好走。それ以前にはピルグリムステークス、ウィズアンティシペーションステークスとG3で2度の2着があった。

 ケンタッキーダービー出走馬選定ポイントシリーズのジェフルビーSは、スパイラルステークスの名称だった2011年の優勝馬アニマルキングダムが、Kダービーや2013年のドバイワールドカップを制覇。レーンズエンドステークスとして行われていた2007年の優勝馬ハードスパンは、同年のキングズビショップステークスを制したほか、KダービーやBCクラシック2着などG1戦線で活躍している。

ページトップへ