海外競馬ニュース

News

トランプ米大統領がKYダービー裁定に不満、「ベストホースが勝たなかった」

2019年05月06日 15:15

  • 友だち追加数

 D.トランプ米大統領が、1位入線馬が進路妨害によって降着して2位入線馬が繰り上がり勝利という衝撃の結果となった現地4日のG1ケンタッキーダービーに言及。裁定に不満を示している。

 今年のケンタッキーダービーは1番人気(日本でのオッズ、以下同)のマキシマムセキュリティがデビューから無傷の5連勝で勝利を収めたかに思われたが、同馬は最終コーナーでロングレンジトディの進路を妨害したため17着に降着。2番手入線の14番人気カントリーハウスが1着に繰り上がった。

 この結果にトランプ大統領は「ケンタッキーダービーでの裁定はいいものではなかった」などとツイッターに投稿。「近頃のポリティカル・コレクトネスでのみ、このような覆りが起きる。ベストホースがケンタッキーダービーを勝たなかった」と私見を述べている。

ページトップへ