海外競馬ニュース

News

今年初戦で5着のシーオブクラス、次走はキングジョージ

2019年06月25日 11:38

  • 友だち追加数

 今年初戦だった現地19日の英G1プリンスオブウェールズステークスで5着だったシーオブクラスが、7月27日の英G1キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスへ向かうことになった。

 W.ハガス厩舎の4歳牝馬シーオブクラスは、昨年の愛オークス、ヨークシャーオークスの両G1を連勝。10月の仏G1凱旋門賞では女傑エネイブルから短クビ差の2着と善戦した。

 ハガス調教師は「もともとキングジョージに向かう予定だった。プランを変える必要性は認められない」とコメント。その上で「全ての選択肢に可能性があるので、どうするかは今後数週間の状況による。馬の状態はいいが、ソフトな馬場ではもう走らせるつもりはない」とも続け、道悪がこたえたプリンスオブウェールズSの二の舞は避けたい意向を示した。

ページトップへ