海外競馬ニュース

News

愛G1プリティポリーS、イリデッサが距離延長で復活勝利

2019年06月29日 10:56

  • 友だち追加数

 現地28日、愛カラ競馬場にてG1プリティポリーステークス(牝馬限定、芝10ハロン)が行われ、W.ローダン騎乗のイリデッサが快勝した。

 2馬身1/4歳の2着はマジックワンド。今年の英オークス2着馬で圧倒的な1番人気に推されていたピンクドッグウッドはさらに1馬身1/4差の3着に敗れた。

 J.オブライエン厩舎の3歳馬イリデッサは、2歳時に英G1フィリーズマイルを制覇。3歳となった今年は英1000ギニー8着、愛1000ギニー4着など3連敗を喫していたが、初めての中距離戦となった今回は鮮やかな勝利を収めた。

 オブライエン調教師は、次走の候補として愛オークスを示唆。ブックメーカーのパディーパワーはイリデッサの愛オークスでのオッズを7倍としている。