海外競馬ニュース

News

英G2ハンガーフォードS、グロリアスジャーニーが1年ぶりの重賞制覇

2019年08月18日 12:05

  • 友だち追加数

 英ニューベリー競馬場で現地17日に行われたG2ハンガーフォードステークス(3歳以上、芝7ハロン)は、2番人気のグロリアスジャーニーが残り1ハロン標識手前から抜け出して勝利した。

 7番人気のリブリサブリーズが勝ち馬との叩き合いから1/2馬身後れて2着、1番人気のセーフヴォワヤージュはさらに1馬身差の3着まで。連覇を狙ったサーダンスアロット(3番人気タイ)は4着に敗れた。

 グロリアスジャーニーは昨年8月の仏G3ダフニ賞以来となる3度目の重賞制覇。同馬を管理するC.アップルビー厩舎の調教助手は、この日の重馬場と7ハロンの距離が理想的だったとし、アップルビー師が仏G1フォレ賞を意識しているとコメントした。

ページトップへ