海外競馬ニュース

News

英G2パークヒルS出走のエンビハール、重賞3連勝なら仏G1挑戦へ

2019年09月12日 11:16

  • 友だち追加数

 英G2を2連勝中の4歳牝馬エンビハールが、10月のフランス遠征を見据えて現地12日に英ドンカスター競馬場にて行われるG2パークヒルステークス(芝14.5ハロン)に出走する。

 J.ゴスデン厩舎のリダウツチョイス産駒エンビハールは、7月の英G2ランカシャーオークスで重賞初制覇。8月の英G2リリーラングトリーステークスでは5馬身差の圧勝を飾った。

 陣営のレーシングマネージャーを務めるA.ゴールド氏は、「愛セントレジャー挑戦も考えていたが、(オーナーの)ハムダン殿下が現時点では地元で走らせた方がいいと決めた」とコメント。「万事順調ならば凱旋門賞ウィークにフランス遠征できるだろう」と、10月5日の仏G1ロワイヤリュー賞への参戦を見据えていることを示唆した。

ページトップへ