海外競馬ニュース

News

日本産馬カラコンティの初年度産駒、ケンザイウォリアーが英G3制覇

2019年11月05日 12:49

  • 友だち追加数

 現地2日、英ニューマーケット競馬場にてG3ホリスヒルステークス(2歳牡馬・せん馬、芝7ハロン)が行われ、日本産のカラコンティを父に持つケンザイウォリアーが半馬身差の勝利を収めた。

 カラコンンティは父バーンスタイン、母の父サンデーサイレンス、母の祖母に名牝ミエスクがいる血統。現役時代は主にフランスで走り、仏2000ギニー、米ブリーダーズカップマイルなどG1を3勝した。

 ケンザイウォリアーはカラコンティの初年度産駒でアメリカ生まれ。イギリスのR.ティール厩舎に預けられ、9月のデビュー戦から2連勝で父親に重賞勝ちをもたらした。

ページトップへ