海外競馬ニュース

News

米2歳G2ケンタッキージョッキークラブS、シルバープロスペクターが叩き合いを制す

2019年12月01日 13:00

  • 友だち追加数

 現地11月30日に米チャーチルダウンズ競馬場でケンタッキーダービー出走馬選定ポイントシリーズの2歳G2ケンタッキージョッキークラブステークス(ダート8.5ハロン)が行われ、一団で進む馬群の後ろ寄りを追走した3番人気シルバープロスペクターが、直線の叩き合いからゴール前で3/4馬身抜け出した。

 前走G1勝ちで1番人気に推されたティズザローは、7番人気の伏兵フィニックザフィアースに差し込まれ、さらにアタマ差の3着に敗れた。

 シルバープロスペクターは10月にデビュー4戦目で初勝利を挙げ、前走のステークス3着から重賞初挑戦でG2制覇。父は日本で繋養されているデクラレーションオブウォーで、同じ父を持つデュードヴァンもカトレア賞を勝ち、日本版ケンタッキーダービー出走馬選定ポイントシリーズで得点している。

ページトップへ