海外競馬ニュース

News

豪G1ウィンターボトムS、ヘイドックが逃げ切りで2年ぶりの美酒

2019年12月01日 10:50

  • 友だち追加数

 現地11月30日、豪アスコット競馬場でG1ウィンターボトムステークス(3歳以上、芝1200m)が行われ、ハナを切ったヘイドック(5番人気タイ)が直線で後続を突き放し、そのまま2.46馬身のリードを築いて逃げ切った。

 背後を追走したヴァイタルシルバー(2番人気タイ)がロックマジック(10番人気タイ)との2着争いを0.23馬身差で制し、1番人気のトレッキングは4着に敗れた。

 ヘイドックは2017年10月のマニカトステークス以来となる3度目のG1制覇。2018年9月のG2ボビールイスクオリティ(8着)以降は1年余り休養し、今回の白星自体もマニカトSから2年1か月ぶりとなった。