新型コロナウイルスの競馬界への影響

海外競馬ニュース

News

​マキシマムセキュリティが3度目のG1制覇、シガーマイルHを快勝

2019年12月09日 10:25

  • 友だち追加数

 現地7日、米アケダクト競馬場にてG1シガーマイルハンデキャップ(ダート8ハロン)が行われ、圧倒的な1番人気に推されていたマキシマムセキュリティが快勝した。

 2着は3馬身半差で2番人気のスパントゥランが続き、3歳馬のワンツーフィニッシュとなった。

 J.サーヴィス厩舎のニューイヤーズデー産駒マキシマムセキュリティは、デビュー4連勝で臨んだ5月のG1ケンタッキーダービーで1位入線も17着に降着。続く準重賞では2着と不覚を取ったものの、その後は7月のG1ハスケル招待ステークス、10月のG3ボールドルーラーハンデキャップ、そして今回と3連勝し、通算3度目のG1制覇となった。