海外競馬ニュース

News

豪NZの3歳有望株が前哨戦G3で火花散る攻防、アリゲーターブラッドが豪ギニーへ先勝

2020年02月16日 11:08

  • 友だち追加数

 豪フレミントン競馬場で現地15日、オーストラリアンギニー前哨戦のCSヘイズステークス(G3、3歳牡・セン馬、芝1400m)が行われ、1番人気のアリゲーターブラッドとNZ2000ギニー馬のキャタリスト(2番人気)が発馬直後から一騎打ちを展開。

 アリゲーターブラッドは2番手につけるキャタリストを直線で迎え撃ち、叩き合いの末に0.1馬身差ねじ伏せた。さらに1馬身差の3着には4番人気のチェニアーが続いた。

 アリゲーターブラッドは4連勝で昨年12月のG3ヴォローグプレートに続く3度目の重賞制覇。これで通算成績を10戦9勝とし、2週後の豪ギニーへ前進した。

 なお、叩き合いに敗れたキャタリストのJ.マクドナルド騎手は、ステッキの過剰使用により6日間の騎乗停止処分を受けている。