新型コロナウイルスの競馬界への影響

海外競馬ニュース

News

アップルビー調教師、ピナトゥボの英2000ギニー制覇に自信

2020年05月21日 14:06

  • 友だち追加数

 昨年の欧州最優秀2歳牡馬ピナトゥボを擁するC.アップルビー調教師が、新型コロナウイルスの影響による延期を経て6月6日にニューマーケット競馬場で行われる予定のG1英2000ギニーで初経験のマイル戦を克服しての無敗継続に自信を見せている。

 シャマーダル産駒のピナトゥボは昨年、愛G1ヴィンセントオブライエンナショナルステークスでの9馬身差圧勝で2歳馬として今世紀最高の最高レーティングとなる128をマーク。英G1デューハーストステークスも制してデビューから無傷の6連勝としたが、距離実績は両G1の7ハロンまでしかない。

 それでもアップルビー調教師は『www.godolphin.com』にてピナトゥボはマイル戦にも対応できると語り、その根拠として「ピナトゥボはおっとりした気性だから」とコメント。「フィジカル的には2歳時に6連勝、しかも英国でも特に厳しいエプソム、グッドウッド、ニューマーケットの3競馬場で勝った。その身体能力は重要な財産だ」と述べ、英2000ギニーへの準備も問題なしと続けていた。