新型コロナウイルスの競馬界への影響

海外競馬ニュース

News

豪華メンバーの米G3ビューゲイS、ラッシングフォールが逃げ切り

2020年06月04日 12:05

  • 友だち追加数

 現地3日、米ベルモントパーク競馬場にてG3ビューゲイステークス(牝馬限定、芝8.5ハロン)が行われ、G1を通算4勝のラッシングフォールが1番人気に応えて逃げ切った。

 2馬身差の2着は伊G2リディアテシオ賞の勝ち馬コールミーラブ。昨年12月のG1メイトリアークステークスなどG1を2勝しているガットストーミーは5頭立ての4着だった。

 C.ブラウン厩舎のラッシングフォールはモアザンレディ産駒の5歳馬。2歳時にデビュー3連勝でG1ブリーダーズカップジュベナイルフィリーズターフを制すと、3歳秋にはG1クイーンエリザベス2世チャレンジカップを勝利。4歳となった昨年はジェニーワイリーステークスとジャストアゲームステークスの両G1を連勝していた。