NEWS

ニュース

ニュース/コラム

3歳馬ハッピーセイバーが重賞初制覇、ジョッキークラブGCでデビュー4連勝決める

2020年10月11日 14:24

  • 友だち追加数

 米G1ジョッキークラブゴールドカップ(3歳以上、ダート10ハロン)が現地10日にベルモントパーク競馬場で5頭によって争われ、逃げ馬を直前に見ながら3番手を進んだ2番人気のハッピーセイバーが、直線で3頭による競り合いを3/4馬身差で制した。

 外目の2番手を追走したミスティックガイド(3番人気タイ)が2着を確保し、1番人気のタシトゥスは逃げるも直線早々に外からミスティックガイド、内からハッピーセイバーに相次いで捕まり、さらに1馬身1/4差の3着に敗れた。

 ハッピーセイバーはT.プレッチャー調教師が管理するスーパーセイバー産駒の3歳牡馬で、ゴルディコヴァやソレミアなどフランス競馬で数多くの名馬を所有してきたヴェルテメール兄弟がオーナー。同世代がクラシック一冠目を争ったベルモントステークス当日の6月20日にベルモントパーク競馬場のダート7ハロンでデビュー勝ちを飾り、重賞初挑戦の今回で無傷の4連勝と一気に台頭してきた。

 プレッチャー師は昨年のこのレースでヴィーノロッソが1位入線から降着になるなど、過去23回の挑戦で7回の2着を経て待望の初勝利。ニューヨーク州競馬協会(NYRA)の広報によると、ハッピーセイバーの今後について「まずはレース後の様子を見てから」と断りつつ「タフなレースだったし彼はまだ経験が浅い。プリークネスステークスではなく、ここに来ることにした理由の一つでもあるんだ。とりあえず今を楽しんで、ヴェルテメール兄弟と相談してからプランを決める」と、優先出走権を獲得したブリーダーズカップクラシックへの参戦を保留している。