NEWS

ニュース

ニュース/コラム

米G3ラスシエネガスS、伏兵シャーマインズミアが重賞初制覇

2021年01月12日 10:30

  • 友だち追加数

 現地9日、米サンタアニタパーク競馬場にてG3ラスシエネガスステークス(牝馬限定、芝6ハロン)が行われ、先手を奪ったD.ヴァンダイク騎乗の伏兵シャーマインズミアがそのまま押し切って快勝した。

 レースは2番人気のオレクサンドラがスタート直後に落馬する波乱の展開。ハナに立ったシャーマインズミアは手ごたえ十分のまま直線に入り、最後は手綱を緩める余裕で1番人気のジョリーオリンピカに2馬身半差をつけた。

 P.ダマート厩舎のシャーマインズミアはザファクター産駒の5歳馬。重賞は4歳時に3回挑戦して4着が最高だったが、今年初戦のここで初制覇を果たした。