NEWS

ニュース

ニュース/コラム

NZダービー、1番人気のロケットスペードが最後方から馬群を抜け出す

2021年03月10日 12:35

  • 友だち追加数

 G1ニュージーランドダービー(3歳、芝2400m)が現地7日にエラズリー競馬場で行われ、最後方を追走した1番人気のロケットスペードが最終コーナーで広がった馬群に馬場の内目から突っ込むと、タイミング良く開いた進路からスムーズに抜け出して接戦を制した(0.2馬身差)。

 中団追走から馬群の外を回った2頭が勝ち馬に食い下がり、5番人気ミルフォードが7番人気フロントマンとの2着争いに0.1馬身先着。後方を追走した2番人気のモントレモアは直線入口での不利もあり6着に終わった。

 ロケットスペードは前哨戦のG2アヴォンデールギニーから連勝でG1初制覇。元旦のG2オークランドギニーと合わせて3度目の重賞勝ちとし、通算成績を8戦4勝とした。同馬を共同管理するL.オサリバン調教師は、騎手時代の1990年と1993年にNZダービーを2勝しているが、調教師としては今回が初制覇となった。