NEWS

ニュース

ニュース/コラム

仏2歳G2クリテリウムドメゾンラフィット、重賞初挑戦のマラバスが前走G1組を撃破

2021年10月13日 11:35

  • 友だち追加数

 現地9日、仏シャンティイ競馬場で2歳G2クリテリウムドメゾンラフィット(芝1200m)が6頭により争われ、2頭並列の中団で外ラチ沿いを追走したO.ペリエ騎乗の4番人気マラバスが、残り200mで開いた進路から抜け出して混戦を断った。

 クビ差の2着に5番人気のハヴアグッドデイ、さらに3/4馬身差の3着には1番人気のデザートドリーマーと、前走でG1チェヴァリーパークステークスに出走の2頭が続いた。

 マラバスはメーマス産駒の牝馬で今回が重賞初挑戦。8月5日のデビュー戦からドーヴィル競馬場の芝1200mで連敗するも、3戦目の前走に今回と同じシャンティイ競馬場の芝1200mで勝ち上がっていた。