NEWS

ニュース

ニュース/コラム

​仏G2フォワ賞のマイラプソディは最下位、せん馬のイレジーンが制す

2022年09月12日 13:45

  • 友だち追加数

 現地11日、仏パリロンシャン競馬場にてG1凱旋門賞の前哨戦に当たるG2フォワ賞(芝2400m)が行われ、日本から参戦したマイラプソディは6頭立ての最下位に敗れた。

 レースは豪州からの移籍2戦目となるベリーエレガントが逃げ、大外枠から出たマイラプソディは4番手に。隊列変わらず全馬一団のまま直線に入ると、マイラプソディは残り300メートル付近で手応えが怪しくなり後退してしまう。

 先頭争いは逃げ粘るベリーエレガントにバブルギフトが並びかけたが、最後方から追い込んできた女性ジョッキーのM.ヴェロン騎乗のイレジーンが残り50メートル付近でまとめて差し切った。1馬身1/4差の2着はバブルギフト、さらにアタマ差の3着にベリーエレガントが粘り込んだ。

 J.ゴーヴァン厩舎のイレジーンはマンデュロ産駒の5歳せん馬。昨年のフォワ賞で3着に入っており、今年はリステッドなどを2連勝後に8月の仏G3ルー賞で3着。今回が重賞2勝目となった。ただし、せん馬のため凱旋門賞には出走できない。