NEWS

ニュース

ニュース/コラム

シティオブトロイが英2歳G1デューハーストSを圧勝、オブライエン師「限界が分からない」

2023年10月15日 11:33

  • 友だち追加数

 英クラシック戦線の登竜門、2歳G1デューハーストステークス(セン馬不可、芝7ハロン)が現地14日にニューマーケット競馬場で行われ、単勝1.53倍の圧倒的人気を集めたシティオブトロイが抜群の発馬で他の7頭を率いると、残り3ハロンから徐々に加速して最後は3馬身1/2差を開き圧勝した。

 シティオブトロイはゲートが開くなり1馬身のリードを奪い、競り掛けられることもなく軽快に先頭をキープ。残り3ハロンを切ってR.ムーア騎手に軽く促されると徐々に加速し、最後の1ハロン付近でステッキを受けて一気にリードを開いた。

 シティオブトロイを背後でマークした3番人気アルヤナービが2着、同じく道中並走の5番人気エベンシャダッドがさらに1馬身差の3着に続き、2番人気のイベリアンはもう1列後ろから伸び切れず6着に終わった。

 A.オブライエン調教師が管理するジャスティファイ産駒のシティオブトロイは、7月のG2スーパーレイティブステークスに続く重賞2勝目でG1初制覇。これでデビューから無傷の3連勝とした。

 シティオブトロイは出馬投票を済ませていた9月10日のG1ヴィンセントオブライエンナショナルステークスを馬場悪化により発走直前に回避。このデューハーストSも重馬場(Soft)だったが、英競馬メディア『racingtv.com』などが報じたレース後のコメントで、オブライエン師は「彼の身のこなしを見たかい? 彼はあのような馬場が本当に嫌いでトラクターのタイヤがついている訳でもないけど、ジェットエンジンが動力なのさ」と適性を超越する能力の持ち主と感嘆。

 そして「限界がどこにあるのか分からない馬など1頭も管理したことがない。我々は管理馬たちを限界まで追い込むものだが、彼の限界は見つけられないかもしれない。こんな馬は初めてだよ」「彼は我々が管理してきた中でベストの2歳馬だね。間違いない。彼はジャスティファイ産駒で、彼らは進み続けるんだ。それがジャスティファイの特性さ」とシティオブトロイに最大限の評価を与えた。

 なお、この圧勝劇を受けて大手ブックメーカーの『コーラル』は英2000ギニーにおけるシティオブトロイの前売りオッズを上限のイーブン、英ダービーでは3.5倍に評価。『パディパワー』は2000ギニーで2.25倍、ダービーで3.25倍に設定している。