NEWS

ニュース

ニュース/コラム

香港G3センテナリーヴァーズ、ニンブルニンバスが重賞初制覇

2024年02月05日 11:45

  • 友だち追加数

 現地4日、香港シャティン競馬場でG3センテナリーヴァーズ(芝1800m)が行われ、A.アッゼニ騎乗のニンブルニンバスが接戦を制した。

 マネーキャッチャーが逃げてペースを作ったレースで、ニンブルニンバスは中段から後方に待機。直線では外から末脚を伸ばして残り100メートル付近で先頭に立ち、最後は馬郡を縫って内から追い上げてきたファイブジーパッチに迫られたものの、アタマ差で凌ぎ切った。

 P.イウ厩舎のニンブルニンバスはニュージーランド生まれのセイクリッドフォールズ産駒。昨年末のG1香港カップ7着、今年1月のG3ジャニュアリーカップ4着など重賞では結果を出せていなかったが、ここで待望の重賞初制覇を果たした。