コラム

Column

【世界の騎手紹介 Vol.20】クリスチャン・デムーロ

2019年01月23日 13:00

  • 友だち追加数

イタリアで5度チャンピオンジョッキーに輝き、現在は日本で大活躍を見せるM.デムーロ騎手の弟。自身も2度イタリアでチャンピオンに輝いた名手だ。

クリスチャン・デムーロ騎手はイタリア出身で、1992年7月8日生まれ。兄ミルコだけでなく、父も姉も元騎手(姉は調教師免許を持つ)という競馬一家に育ち、12歳から乗馬を始めた。

デビューは16歳だった2009年5月6日。その翌日には初勝利を挙げた。この年は45勝。翌2年目は大きく飛躍し、153勝でイタリアのリーディング2位にランクイン。これでトップ騎手としての地位を早くも確立すると、2011年は222勝、2012年はイタリア記録となる264勝を挙げて2年続けてイタリアのチャンピオンジョッキーの座に君臨した。


2011年に初めてNARで騎乗したのを皮切りに数多く来日しており、2012年1月にはドナウブルーでG3京都牝馬Sを制して重賞初制覇。さらに翌2013年にはアユサンでG1桜花賞に勝って嬉しいG1初制覇を果たした。このレースでは兄ミルコが2着に入っており、JRAのG1では史上初となる兄弟騎手によるワンツーフィニッシュを決めた。日本では他に2017年にタイムフライヤーでG1ホープフルS、2018年にダノンファンタジーでG1阪神ジュベナイルフィリーズを制しており、計G1・3勝を挙げている。

現在は、イタリアの競馬が破綻に近い状況になったこともあって、フランスが拠点。2016年にはラクレソニエールでG1仏1000ギニーとG1仏オークスの仏牝馬2冠、2017年にはブラムトでG1仏2000ギニーとG1仏ダービーの仏2冠を達成、さらに2018年もG1仏2000ギニーをオルメドで優勝と3年連続してクラシックに優勝している。

近年のG1勝ち
2018年:
阪神ジュベナイルフィリーズ(日本):ダノンファンタジー
仏2000ギニー(フランス):オルメド

2017年:
ホープフルS(日本):タイムフライヤー
仏ダービー(フランス):ブラムト
仏2000ギニー(フランス):ブラムト

2016年:
伊ジョッキークラブ大賞(イタリア):ベンチュラストーム
パリ大賞(フランス):モントルメル
仏オークス(フランス):ラクレソニエール
仏1000ギニー(フランス):ラクレソニエール

文:秋山 響(TPC)

ページトップへ