コラム

Column

【世界の調教師紹介 Vol.18】ウィリアム・モット

2019年04月03日 15:00

  • 友だち追加数

これまで4800以上の勝利を積み重ね、現役ながらアメリカ競馬の殿堂に名を連ねるウィリアム・モット調教師は1953年7月29日、アメリカ・サウスダコタ州生まれ。獣医だった父の仕事を見て、競馬への道を歩み始め、草競馬ではあったが、15歳の時に自身が320ドルで購買して調教したマイアセッツで初勝利。1969年にはマイアセッツの賞金で手に入れたコズミックツアーでサウスダコタフューチュリティを制した記録も残っている。

その後はB.アーウィン調教師や殿堂入り調教師のJ.バーグの下で研鑽を積んだ後、1978年に独立。1984年にG2ルイジアナダービーをテイラーズスペシャルで制して重賞初制覇を果たすと、同年にはヘザーテンでG1アップルブロッサムハンデキャップに勝ってG1初制覇を記録した。

初期を代表する名馬は上記ヘザーテン(G1・5勝)や1987年にG1BCターフやG1ターフクラシックステークスなど6つのG1を制して米最優秀芝牡馬に選ばれたシアトリカル。その後もG1アーリントンミリオンやG1ワシントンD.C.国際ステークスなどに勝った1994年の米最優秀芝牡馬パラダイスクリークなどを手がけ、ついに巡り会ったのがシガー(1994年の4歳時から管理)。同馬はG1ブリーダーズカップクラシックやドバイワールドカップを含む16連勝を記録し、1995、96年と2年続けて米年度代表馬に輝いた。

その後も1997、98年のG1ブリーダーズカップディスタフをアジーナとエシーナで連覇するなど活躍。2010年にはドロッセルマイヤーでG1ベルモントステークスに勝って米三冠レース初勝利を果たすと、2010年から2012年にかけてはG1ブリーダーズカップレディーズクラシック(現ブリーダーズカップディスタフ)をアンライバルドベルとロイヤルデルタ(連覇)で3連覇。2011年にはBCクラシックをドロッセルマイヤーで制した。

また、2018年にはハーツクライ産駒のヨシダでG1ウッドワードステークスを制覇。これは日本産馬として史上初めての海外ダートG1制覇という記念すべき1勝だった。

1995、1996、2011年に米最優秀調教師。1998年には調教師として史上最年少の45歳で米競馬の殿堂入りを果たした。ブリーダーズカップは計10勝。米国東海岸が拠点。

近年のG1勝ち
2018年:
ジョーハーシュターフクラシックS(アメリカ):チャンネルメーカー
ウッドワードS(アメリカ):ヨシダ
ターフクラシックS(アメリカ):ヨシダ

2017年:
ベルデイムS(アメリカ):イレイト
アラバマS(アメリカ):イレイト

2016年:
BCマイル(アメリカ):ツーリスト
デルマーオークス(アメリカ):ハーモナイズ
フォースターデイヴH(アメリカ):ツーリスト
ジャストアゲームS(アメリカ):セレスティン
エイコーンS(アメリカ):カリーナミア

文:秋山 響(TPC)

ページトップへ