新型コロナウイルスの競馬界への影響

競馬データ

Data

  • ティズナウ

    Photo by Getty Images

プロフィール

競馬の世界で同一のG1レースを連覇した馬は数多くいる。また、3歳クラシック3冠馬の座に就いた名馬も複数存在している。ところが米国競馬最大級のレースと称されるBCクラシックを連覇した馬は、後にも先にもティズナウのみ。まさに唯一無二の存在だ。

ティズナウは3歳になった2000年4月にようやくデビュー。3戦目まで初勝利を挙げることができず、クラシック3冠とは無縁となったが、7月に初重賞挑戦となったG3アファームドHを優勝。さらにスワップスS、パシフィッククラシックとG1で立て続けに2着に好走して存在感を見せつけ、スーパーダービーでは同年のベルモントS優勝馬コメンダブルに6馬身差を付ける圧巻の走りでG1初制覇を飾った。

その後、前哨戦のG2を快勝したティズナウはBCクラシックへ。ケンタッキーダービー馬のフサイチペガサス、当時の米国競馬界最強と謳われていたレモンドロップキッド、欧州からジャイアンツコーズウェイなど錚々たる超一線級が顔を揃えるなか、先行したティズナウは直線で追い込んできたジャイアンツコーズウェイと激しい叩き合い。最後はクビ差でティズナウが抜け出し、全米の頂点にまで上り詰めた。

ティズナウは年明けからすぐに始動し、3月のサンタアニタHを圧勝してG1レース3勝目。その後、調教中のケガで半年ほど休養を余儀なくされ、秋に復帰してBCクラシック連覇を目指すこととなった。なお、この年の9月には全世界を揺るがせたニューヨーク同時多発テロが発生。奇しくもこの年のBCはニューヨーク州のベルモントパーク競馬場で開催された。

復帰後2戦でともに3着に終わったティズナウは、ガリレオやサキーら欧州の一線級が多数参戦したなかで4番人気の評価だった。レースでは序盤3番手で追走、3、4コーナー辺りで徐々に加速し最後の直線では内のアルバートザグレート、外のサキーと3頭が競り合う形に。直線半ばでアルバートザグレートが脱落すると、最後はサキーとの壮絶な叩き合いをハナ差で制し、史上初のBCクラシック連覇を達成。驚異の粘りで欧州勢を退けたその雄姿は、9.11のショックが残るアメリカ国民に大きな感動を与え、このレースを最後に現役を退いた。

基本情報

生年 1997
性別
毛色 鹿毛
Cees Tizzy
Cee's Song
母父 Seattle Song
調教師 J.ロビンズ
生産者 Cecilia Straub Rubens
馬主 Cees Stable LLC
通算成績 15戦8勝[8-4-2-1]

競走成績

開催日 場所 レース名 動画 着順 騎手 トラック 距離 馬場状態
2001/10/27 ベルモントパーク ブリーダーズカップクラシック(G1) 1 C.マッキャロン ダート 2000
2001/10/07 サンタアニタパーク グッドウッドブリーダーズカップハンデキャップ(G2) 3 C.マッキャロン ダート 1800
2001/09/08 ベルモントパーク ウッドワードステークス(G1) 3 C.マッキャロン ダート 1800
2001/03/03 サンタアニタパーク サンタアニタハンデキャップ(G1) 1 C.マッキャロン ダート 2000
2001/02/03 サンタアニタパーク ストラブステークス(G2) 2 C.マッキャロン ダート 1800
2001/01/13 サンタアニタパーク サンフェルナンドブリーダーズカップ(G2) 1 C.マッキャロン ダート 1700
2000/11/04 チャーチルダウンズ ブリーダーズカップクラシック(G1) 1 C.マッキャロン ダート 2000
2000/10/15 サンタアニタパーク グッドウッドブリーダーズカップハンデキャップ(G2) 1 C.マッキャロン ダート 1800
2000/09/30 ルイジアナダウンズ スーパーダービー(G1) 1 C.マッキャロン ダート 2000
2000/08/26 デルマー パシフィッククラシック(G1) 2 C.マッキャロン ダート 2000
2000/07/23 ハリウッドパーク スワップスステークス(G1) 2 V.エスピノーザ ダート 1800
2000/07/01 ハリウッドパーク アファームドハンデキャップ(G3) 1 V.エスピノーザ ダート 1700
2000/05/31 ハリウッドパーク 未勝利戦 1 A.ソリス ダート 1700
2000/05/11 ハリウッドパーク 未勝利戦 2 A.ソリス ダート 1700
2000/04/22 サンタアニタパーク 未勝利戦 6 A.ソリス ダート 1200

距離別

距離 1着 2着 3着 4着以下 出走回数 勝率 連対 3着内率
~1400m 0 0 0 1 1 0% 0% 0%
1401m~1800m 4 3 2 0 9 44% 78% 100%
1801m~2100m 4 1 0 0 5 80% 100% 100%
2101m~ 0 0 0 0 0 0% 0% 0%

馬場状態別

馬場状態 1着 2着 3着 4着以下 出走回数 勝率 連対 3着内率
良馬場 8 4 2 1 15 53% 80% 93%
稍重馬場 0 0 0 0 0 0% 0% 0%
重馬場 0 0 0 0 0 0% 0% 0%
不良馬場 0 0 0 0 0 0% 0% 0%