海外競馬ニュース

News

​米G3ロングアイランドS、仏から移籍のレディパナメが重賞初制覇

2018年11月26日 13:25

  • 友だち追加数

 現地24日、米アケダクト競馬場にてG3ロングアイランドステークス(牝馬限定、芝11ハロン)が行われ、I.オルティスJr.騎乗のレディパナメが勝利した。

 2着は半馬身差でトリッキーエスケープだった。

 フランス産のレディパナメは昨年9月の仏G2ショードネイ賞4着を最後にフランスのE.ルルーシュ厩舎からアメリカのC.ブラウン厩舎へ移籍。今年10月の一般戦で米国デビュー勝ちを飾ると、連勝で重賞初制覇も達成した。

ページトップへ