海外競馬ニュース

News

​ジャパンカップ10着のサンダリングブルー、「馬場が速すぎた」と調教師

2018年11月26日 10:15

  • 友だち追加数

 25日、東京競馬場にてG1ジャパンカップ(芝2400m)が行われ、イギリスから遠征したサンダリングブルーは10着に敗れた。勝ったのは日本の三冠牝馬アーモンドアイで、従来のレコードを1.5秒も更新する2206で圧勝した。

 サンダリングブルーを管理するD.ムニュイジエ調教師は「ジャパンカップでのサンダリングブルーを誇りに思う」とツイッターに投稿。「馬場が彼にとってはあまりにも速すぎた。2日前の調教ではいい感じだったが、そこから劇的にドライな馬場へと変わっていた。とはいえ、サンダリングブルーは彼のベストを尽くしてくれた」と続け、敗因を高速馬場に求めるとともに愛馬をねぎらった。

ページトップへ