海外競馬ニュース

News

ブルーポイント、来春のドバイG1再挑戦を目指す

2018年11月26日 11:00

  • 友だち追加数

 C.アップルビー厩舎のブルーポイントが来年3月のドバイG1アルクオーツスプリント(芝6ハロン)を目指すことが分かった。

 ゴドルフィン所有の4歳馬ブルーポイントは、今年もアルクオーツスプリントに挑戦予定だったが、レース直前に鼻出血で出走取り消し。それでも6月の英G1キングズスタンドステークス(芝5ハロン)を制し、8月の英G1ナンソープステークス(芝5ハロン)でも3着と好走した。

 アップルビー調教師は「ブルーポイントはドバイでのアクシデント後も順調で、ロイヤルアスコットで勝利をつかんだ。5ハロンか6ハロンがベストの舞台だから今後もスプリント戦を狙っていくし、アルクオーツスプリントにも再挑戦するつもりだ」と語っている。

ページトップへ