海外競馬ニュース

News

​クリソライトが引退、韓国で種牡馬入りへ

2019年01月10日 13:10

  • 友だち追加数

 JRA9日、コリアカップ(韓国G1)などを制したクリソライトが競走馬登録を抹消、韓国で種牡馬になる予定であることを発表した。

 父ゴールドアリュール、母クリソプレーズの9歳牡馬クリソライトは、音無秀孝厩舎からデビュー。2013年のG1ジャパンダートダービーを制したほか、G2ダイオライト記念を3連覇するなどダート路線で息の長い活躍をみせた。

 2016年には韓国へ遠征してコリアカップを勝利。連覇を狙った2017年の同レースは2着だった。

ページトップへ