海外競馬ニュース

News

香港センテナリースプリントC、ビートザクロックが待望のG1初制覇

2019年01月21日 11:40

  • 友だち追加数

 現地20日、香港シャティン競馬場にてG1センテナリースプリントカップ(芝1200m)が行われ、J.モレイラ騎乗の2番人気ビートザクロックが接戦を制した。

 2着はクビ差で1番人気だったミスタースタニング。連覇を狙った3番人気ディービーピンは7着に沈んだ。

 ビートザクロックは昨年のこのレースでディービーピンの2着。その後も昨年12月の香港スプリントでミスタースタニングの3着などG1では善戦どまりだったが、今回で待望のG1初勝利を手にした。

ページトップへ