海外競馬ニュース

News

【QE2C 現地情報】リスグラシューを管理する矢作師「2度目がアドバンテージに」

2019年04月25日 19:30

  • 友だち追加数

 現地25日、28日に行われるクイーンエリザベス2世カップ(芝2000m)に向け、リスグラシューを管理する矢作芳人調教師が、シャティン競馬場で報道陣の取材に対応した。以下、矢作調教師のコメント。

矢作芳人調教師

「(馬の状態について)香港に来た当初は輸送で少し馬体重が減っていましたが、2度目の香港ということで、とてもリラックスしていて馬体重もすぐに戻りました。今はベストに近い状態ですね。見た目のシルエットが前回の香港に比べてかなり良いと思います。2度目ということが全てのアドバンテージになっています。

枠順(4番枠)も良くゲートさえ出れば問題ないかなと思っています。この馬は常に全力投球するタイプですので、勝ち切ることだけをイメージしています。今年は他の日本馬も含めて強いメンバーが揃っていますので、良いレースが出来るように頑張りたいと思います」

ページトップへ