海外競馬ニュース

News

マサーが「最終テスト」を通過、ロイヤルアスコット開催参戦は決定的

2019年06月09日 12:55

  • 友だち追加数

 昨年の英ダービー馬マサーの調整が順調に進み、ロイヤルアスコット開催での復帰が決定的となった。マサーはダービー制覇後にエクリプスステークスを目指して調整中に脚部不安を発症。それ以来、1年余り実戦から遠ざかったままとなっている。

 現地8日朝、B.ドイル騎手を背にしたマサーは、J.ドイル騎乗のシークレットアドバイザーとともに7ハロンから追い切りを消化した。その様子を見届けたC.アップルビー調教師は「体は十分にできている。大人になったし大きく見える。彼は要求を全てこなしてきて、今日は最終テストだったんだ」と状態に満足げ。

 さらに同師は、「ハードウィックステークスとプリンスオブウェールズステークスに登録してあるから、来週に答えを出すよ。まずは今回の追い切りから回復を見て、水曜日(12日)に次の追い切りをする。それが決め手になる」と明かした。

 ハードウィックSには僚馬ガイヤースも登録しており、アップルビー師は12ハロンへの挑戦を心待ちにしていたと自信を見せている。また、5月11日の落馬から騎乗を控えているW.ビュイック騎手に代わり、J.ドイル騎手がロイヤルアスコット開催でブルーポイントとクロスカウンターに騎乗する可能性があることを示唆した。

ページトップへ