海外競馬ニュース

News

コンクリートローズが米G1ベルモントオークス快勝、ジョディーは逃げ粘り4着

2019年07月07日 12:35

  • 友だち追加数

 現地6日に米ベルモントパーク競馬場で行われたG1ベルモントオークス(3歳牝馬、芝10ハロン)に日本からジョディー(8番人気)が参戦。果敢にハナを切ったものの直線半ばでかわされ4着に終わった。

 2番人気コンクリートローズが2番手追走から2馬身3/4差抜け出して快勝し、アイルランドから遠征した6番人気ジャストワンダフルが、3番人気キャンビアパークとの2着争いにハナ差先着。1番人気に推された米2歳芝女王ニュースペーパーオブレコードは最下位の9着に沈んだ。

 トワリングキャンディ産駒のコンクリートローズはG1初制覇。2歳時の昨年10月にG2ジェサミンステークスで重賞初制覇を飾り、続くブリーダーズカップジュベナイルフィリーズターフではニュースペーパーオブレコードの8着に敗れた。その後は4か月の休養を挟んで3月のG3フロリダオークスから今回まで重賞3連勝。これで通算成績を6戦5勝としている。

ページトップへ