海外競馬ニュース

News

米G2ケルソH、パットオンザバックが重賞初制覇

2019年09月23日 13:05

  • 友だち追加数

 現地21日、米ベルモントパーク競馬場にてG2ケルソハンデキャップ(ダート8ハロン)が行われ、D.デイヴィス騎乗のパットオンザバックが勝利した。

 半馬身差の2着は1番人気のプリンスラッキーだった。

 J.エングルハート厩舎の5歳馬パットオンザバックは、昨年12月のG1シガーマイルハンデキャップで5着。今季は一般戦ばかりを走っていたが、今回で重賞初勝利を手にした。

ページトップへ