海外競馬ニュース

News

米G2シービスケットH、人気落ちのネクストシェアーズがG1馬の意地

2019年12月02日 13:15

  • 友だち追加数

 現地11月30日、米デルマー競馬場にてG2シービスケットハンデキャップ(芝8.5ハロン)が行われ、J.ヴァルディヴィアJr.騎乗の伏兵ネクストシェアーズが勝利した。

 9月のG2バーナードバルークハンデキャップ2着で、今回は1番人気に推されていたセイクリッドライフが半馬身差でまたも2着だった。

 R.バルタス厩舎の6歳せん馬ネクストシェアーズは、昨年10月のシャドウェルターフマイルステークスでG1初制覇。今年は1月にG2サンガブリエルステークスを勝ったがその後はG1で完敗が続き、前走のブリーダーズカップマイルも13着で今回は人気を落としていた。

ページトップへ