海外競馬ニュース

News

【香港国際競走】地元関係者のレース予想!日本馬の評価は!?

2019年12月07日 12:58

  • 友だち追加数

 現地8日にシャティン競馬場で行われる香港国際競走。今年も香港競馬を熟知する3人の地元関係者に、各レースの予想を聞きました。

香港デイリーニュース(カメラマン)Lo Chun Kitさん(以下Kit)
アップルデイリー社(記者)Amy Chanさん(以下Amy)
東方日報(カメラマン)Eric Sinさん(以下Eric)

■香港カップ

[Kit]
◎ライズハイ
10月中旬のシャティントロフィー(G2・1600m)で当時10連勝中だったビューティージェネレーションなどの強豪を破っています。勢いのある馬です。
○ウインブライト
シャティン競馬場の2000mでのコースレコードを(クイーンエリザベス2世カップで)更新しました。シャティンの2000mは得意な舞台だと思うので期待しています。
▲フローレ
今年の香港ダービー馬。体調も徐々に復調してきています。

[Amy]
◎ライズハイ
ここへ来て成長している馬です。距離的には2000mも大丈夫です。
○ウインブライト
4月のクイーンエリザベス2世Cではシャティン競馬場の2000mのコースレコードで勝っています。この競馬場が合っていると思います。
▲フローレ
香港ダービー馬。ダービー以降、勝てないレースが続いていますが、前哨戦で2着。状態が良くなってきました。

[Eric]
◎ウインブライト
春のクイーンエリザベス2世Cでのレコードタイムにはビックリしました。このメンバーの中では1番強いと思います。
○マジックワンド
4歳牝馬ですが、色々な所を遠征してキャリアは十分。ここでも好走できると思います。
▲ダークドリーム
調子の浮き沈みがある馬ですが、展開が向けば上位に来る可能性もあります。

■香港マイル

[Kit]
◎インディチャンプ 安田記念では展開が不利だったとは言え、あのアーモンドアイに勝ったインディチャンプ。秋のマイルCSは強い内容で素晴らしい末脚を見せてくれました。日本最強マイラーだと思います。
○ワイクク
今年2度、ビューティージェネレーションに先着したので力はあると思います。
▲ノームコア
ヴィクトリアマイルは強い勝ち方を見せてくれましたので期待したいです。

[Amy]
◎ワイクク
ここ2戦はビューティージェネレーションに先着しています。ここでも十分に勝ち負けする実力があります。
○ビューティージェネレーション
連勝記録が止まってしまいましたが、今回は57㎏の定量戦。3着以内は十分に入れるでしょう。
▲インディチャンプ
日本の春秋マイルG1を制覇。間違いなく日本馬のエースでしょう。

[Eric]
◎インディチャンプ
日本のマイル王。香港のマイラー達も強いですが、アーモンドアイに勝っていることは評価できます。
○ビューティージェネレーション
連勝して香港のマイル界を引っ張ってきましたが、ここ数戦は微妙なレースが続いています。年齢による衰えも否めません。
▲ワイクク
ビューティージェネレーションにも勝っていますし、この秋に力を付けてきた期待の一頭です。

■香港スプリント

[Kit]
◎エセロ
Z.パートン騎手は53kgで騎乗するに減量しなければなりませんが、馬は強いので期待したいです。
○ビートザクロック
デビューから22戦続けて3着以内に入っている実力馬。安定感があります。
▲ホットキングプローン
2月には疝痛のため手術を受けました。実力どおりに走れれば3着以内に来る可能性は十分にあります。

[Amy]
◎エセロ
香港ジョッキークラブスプリントの優勝馬。この中では実力が抜けていると思います。
○ビートザクロック
前哨戦は3着に敗れていますが、その後の調整は順調で万全の状態で本番を迎えられます。
▲ホットキングプローン
疝痛のため休養をしていました。それでも前走は2着に好走。完全復活しました。

[Eric]
◎エセロ
前走は初めての重賞挑戦で圧巻の逃げ切り勝利。将来、香港競馬のスーパースターになれる逸材です。
○フルオブビューティー
前走は4着でしたが、大崩れしない馬です。人気は無さそうですが面白い存在です。
▲ラタン
ここ数戦は逃げて敗れはしていますが、展開がハマれば上位に残ることもありそう。

■香港ヴァーズ

[Kit]
◎アンソニーヴァンダイク
英ダービーの優勝馬。アイルランドのG1レースもいくつも好走しているので信頼はできます。
○ディアドラ
ディアドラもこのメンバーの中では強いと思います。O.マーフィー騎手との相性も良いみたいで期待しています。
▲エグザルタント
香港で一番強いステイヤーだと思いますが、今回は大外枠になったのでちょっと不利かもしれません。

[Amy]
◎エグザルタント
11月17日の香港ジョッキークラブカップ(G2)を快勝しました。それ以降も状態は良さそうです。
○サザンレジェンド
重賞競走での入着実績も多く、成績は安定しています。初めての2400mですが、距離も大丈夫だと思います。
▲アンソニーヴァンダイク
英ダービー馬。実績は十分にあると思うので香港の馬場適性があれば十分にチャンスがありそうです。

[Eric]
◎アンソニーヴァンダイク
ヨーロッパ、アメリカで実績を残し、満を持して香港に来ました。鞍上もR.ムーア騎手で期待できます。
○エグザルタント
G1レースでは3着以下がなく、2200m以上のレースでは2着以下がありません。ここでも中心になる一頭です。
▲ラッキーライラック
香港での調教で初めてこの馬を見ましたが、走っているフォームがとても良いと思いました。香港の馬場はあっていると思います。

ページトップへ