海外競馬ニュース

News

ドバイG2アルマクトゥームチャレンジR1、キンベアーが22カ月ぶり白星

2020年01月11日 11:11

  • 友だち追加数

 現地9日、ドバイのメイダン競馬場にてG2アルマクトゥームチャレンジラウンド1(ダート1600m)が行われ、P.ドッブス騎乗のキンベアーが接戦を制した。

 2着は短アタマ差でシークレットアンビション。さらに短アタマ差で昨年の勝ち馬ノースアメリカが続いた。

 D.ワトソン厩舎のキンベアーはテンプルシティ産駒の6歳馬。2018年3月にドバイG3バージナハールを勝っており、今回はそれ以来の久々白星となった。

ページトップへ