新型コロナウイルスの競馬界への影響

海外競馬ニュース

News

仏G2シャンティイ大賞、7歳馬ウェイトゥパリスが圧勝

2020年06月02日 11:45

  • 友だち追加数

 現地31日、仏ドーヴィル競馬場にてG2シャンティイ大賞(芝2500m)が行われ、P.ブドー騎乗のウェイトゥパリスが圧勝した。

 2着は4馬身半差でフレンチキング。1番人気に推されていた昨年のドーヴィル大賞勝ち馬ジヤードは6頭立ての5着だった。

 A.マルチアリス厩舎の7歳馬ウェイトゥパリスは、昨年7月のG2モーリスドゥニュイユ賞で重賞初制覇。以降は仏G1ロワイヤルオーク賞5着など5連敗を喫していたが、叩き2戦目のここは見事な変わり身で重賞2勝目を手にした。