新型コロナウイルスの競馬界への影響

海外競馬ニュース

News

英ダービー、二冠狙うカメコやイングリッシュキングなど17頭がエントリー

2020年06月30日 11:46

  • 友だち追加数

 現地7月4日に英エプソム競馬場にて行われるG1英ダービーのエントリーが17頭に絞られ、前売り1番人気には準重賞の英ダービートライアルステークスを快勝したイングリッシュキングが推されている。

 E.ウォーカー厩舎のイングリッシュキングはキャメロット産駒。前走までは若手のT.マーカンド騎手が手綱を取っていたが、ダービーでは名手L.デットーリ騎手への乗り代わりが報じられている。

 そのほかの主な馬では、G1英2000ギニーを制したA.ボールディング厩舎のカメコが二冠を狙ってエントリー。A.オブライエン厩舎は新型コロナウイルスの影響で今年はダービー前に行われたロイヤルアスコット開催でのG3ハンプトンコートステークスを勝ったロシアンエンペラーやG1馬ジャパンの全弟モーグルなど7頭を残しているが、その中に愛ダービー馬サンティアゴの名前はなかった。