NEWS

ニュース

ニュース/コラム

愛G2グリーンランズS、伏兵グスタフウェストンが1年9か月ぶりの重賞2勝目

2021年05月23日 08:15

  • 友だち追加数

 現地22日に愛カラ競馬場で行われたG2グリーンランズステークス(4歳以上、芝6ハロン)は、先頭から2馬身余りの位置を追走した8番人気のグスタフウェストンが、逃げ粘る5番人気メイクアチャレンジを差し切った(3/4馬身差)。

 さらに1馬身3/4差の3着に後方から2番人気のソナイラが続き、1番人気のグレンシールはメイクアチャレンジとともに隊列をけん引するも4着に敗れた。

 エクィアーノ産駒の5歳セン馬グスタフウェストンは2019年8月のG3フェニックススプリントステークス以来、1年9か月ぶりの白星で2度目の重賞制覇。J.マーフィー調教師は「今日の彼はスイッチが切れていた。それが彼の鍵なのさ」と折り合いを勝因に挙げている。