NEWS

ニュース

ニュース/コラム

米G2ファイエットS、インディペンデンスホールが圧勝で重賞初制覇

2021年11月01日 10:35

  • 友だち追加数

 現地30日、米キーンランド競馬場にてG2ファイエットステークス(ダート9ハロン)が行われ、インディペンデンスホールが7馬身1/4差で圧勝した。

 ハナを切ったインディペンデンスホールは第4コーナーでコードオブオナーに並びかけられたが、直線ではこれをちぎり捨てた。大きく遅れたコードオブオナーはキングフューリーとの2着争いを1馬身差で先着するのが精いっぱいだった。

 M.マッカーシー厩舎のインディペンデンスホールはコンスティテューション産駒の4歳馬。今年1月のG1ペガサスワールドカップはG1ブリーダーズカップでも有力視されているニックスゴーの3着で、前走のG3ルーカスクラシックステークスでも再びニックスゴーの2着に敗れたが、今回で待望の重賞初制覇を達成した。