ベルモントステークス

Belmont Stakes

2019/6/9(日)7:37発走 ※発走日時は日本時間

アメリカ国旗ベルモントパーク競馬場

  • 友だち追加数

マスターフェンサー

マスターフェンサー
性齢 牡3
ジャスタウェイ
セクシーザムライ
母の父 Deputy Minister
調教師 角田晃一

日本調教馬としてスキーキャプテン、ラニに続く史上3頭目の挑戦を果たしたケンタッキーダービーは、先駆者と比較して実績不足の評判を覆し、歴代最高の6着(7位入線から繰り上がり)という結果を残して大いに存在をアピールした。道中は集団から離れた最後方に置かれる形になったものの、最終コーナーで先頭のマキシマムセキュリティが外へ膨らむと、J.ルパルー騎手が広がった馬群を冷静に見極めて内を選択。最後はラチ沿いから怒とうの追い上げを見せ、5着のゲームウィナーとはわずかにアタマ差。勝ち馬との差は2馬身少々の争覇圏まで接近した。

道中は向正面で馬群の外側を追走してから内へ入り、最終コーナーでも外へ向かった後に内へ舵を切るなどロスを重ねていた。ゴール板を通過した後の勢いは他馬より明らかに勝っており、結果的に脚を余した格好。ルパルー騎手がマスターフェンサーに初騎乗でなければ、さらに上位をうかがえた可能性は高いだろう。

今回の舞台となるベルモントパーク競馬場はアメリカ屈指の大箱コース。ゆったりしたコーナーと長い直線はマスターフェンサーの味方となるはずで、ルパルー騎手とのコンビも継続するなら前進必至だろう。より強気な騎乗で栄冠へ突き進んでほしい。

マスターフェンサーの競馬データ
  • 友だち追加数
ページトップへ