ベルモントステークス

Belmont Stakes

2019/6/9(日)7:37発走 ※発走日時は日本時間

アメリカ国旗ベルモントパーク競馬場

  • 友だち追加数

ウォーオブウィル

ウォーオブウィル
性齢 牡3
War Front
Visions Of Clarity
母の父 Sadler's Wells
調教師 M.キャシー

ウォーオブウィルはケンタッキーダービー馬不在のプリークネスステークスを制したが、その勝利は決して相手に恵まれたものではない。KYダービーでは1位入線したマキシマムセキュリティの背後につけ、最終コーナーでは外から負かしにいったものの、そこで降着騒動の原因となった走行妨害に巻き込まれてしまった。プリークネスSでも逃げ馬を背後でマークし、今度は内をすくって快勝。同じ形でレースを進めたプリークネスSの内容から、不利がなければKYダービーでも上位争い可能だったと想像できる。

その裏付けとなるのが2月のリズンスターステークスで、KYダービー繰り上がり優勝のカントリーハウス(2着)に2馬身1/4差をつけて快勝している。2着から5着馬までが中間点を10番手以下の通過という先行馬総崩れの展開で、ウォーオブウィルは2番手追走から3コーナー先頭という横綱相撲。次戦、KYダービー直前のルイジアナダービーでは9着に大敗したが、スタート直後にトモを滑らせて先行できなかったうえ、包まれ通しでリズムに乗れなかったのが原因だ。

短距離での活躍馬が多いウォーフロント産駒で今回は距離が課題となるが、ダートに転向後はスムーズに先行できれば勝ち切っている。スタミナがもてば二冠達成も夢ではない。

ウォーオブウィルの競馬データ
  • 友だち追加数
ページトップへ