海外競馬ニュース

News

2017年の米3歳女王エイベルタズマンに500万ドル、クールモアが繁殖牝馬として購入

2019年01月09日 14:45

  • 友だち追加数

 2017年の米エクリプス賞最優秀3歳牝馬に選ばれたエイベルタズマンが、現地7日に行われたキーンランド1月の混合セールにおいて、繁殖牝馬として同セール史上最高値に並ぶ500万ドル(約5億4400万円)でクールモアグループのM.V.マグニア氏に落札された。

 エイベルタズマンは2017年のケンタッキーオークスなどG1レースを6勝し、生涯獲得賞金は280万ドルに迫る約3億円。2015年のキーンランド9月の1歳セールに上場された際には6万5000ドル(約700万円)で主取りになった過去がある。

 また、同日には日本の社台ファームが、8月のG1デルマーオークスを制したファタルベレを70万ドル(約7600万円)で購入。米競馬メディア『bloodhorse.com』によると、社台ファーム関係者の話として同馬はディープインパクトかハーツクライの配合相手になる可能性を伝えている。

ページトップへ