海外競馬ニュース

News

1番人気メロディベルが接戦を制す、NZスプリントG1で4つ目のタイトル

2019年02月10日 11:46

  • 友だち追加数

 現地9日、ニュージーランドのテラパ競馬場でG1・BCDグループスプリント(2歳以上、芝1400m)が行われ、中団を追走したメロディベルがゴール前で3頭の叩き合いを制して1番人気に応えた。アタマ差の2着に5番人気ボストニアン、さらにハナ差の3着には3番人気アードロッサンが入線している。

 メロディベルは日本のダーレー・ジャパン・スタリオンコンプレックスにもシャトル供用されたコマンズ産駒の4歳馬で通算4度目のG1制覇。昨年9月のG1ウィンザーパークプレートに勝利後、3か月の休養から年明けに復帰するも前走まで連敗し、叩き3戦目で変わり身を見せた。

ページトップへ