海外競馬ニュース

News

米G1ソードダンサーS、アナルズオブタイムが2年8か月ぶりの重賞勝ち

2019年08月25日 13:48

  • 友だち追加数

 米G1ソードダンサーステークス(4歳以上、芝12ハロン)がサラトガ競馬場で現地24日に行われ、後方を追走した1番人気アナルズオブタイムが鋭い瞬発力を発揮。サドラーズジョイ(3番人気タイ)との追いくらべをクビ差で制した。

 2馬身差の3着に5番人気のチャンネルキャットが続き、2番人気のヤプリモは最下位の9着に沈んだ。

 アナルズオブタイムは2016年12月のG1ハリウッドダービー以来となる久々の重賞2勝目。その後に9か月の休養を挟んで2017年9月に1戦するも、さらに2019年6月まで実戦から遠ざかるなど軌道に乗れず、今回が6歳にして8戦目(5勝)だった。アナルズオブタイムはこの勝利でブリーダーズカップターフの優先出走権を獲得している。

ページトップへ